酸っぱいものを体に慣らすと、、、


酸っぱいものを食べると汗をかく理由を説明します。

 

汗と聞くと辛いものや熱いものをイメージするかもしれませんが酸っぱいものを摂取すると汗をかくという方もおられると思います。

 

その理由として酸味のあるものを食べると汗をかく場合、
味覚性多汗症といい、実は辛いものや熱いものを食べたときに汗をかくのと同じ理由です。

 

 

ですが味覚性多汗症のはっきりとした原因は解明されていません。

 

 

酸っぱいと感じたり辛いと感じたりといったように刺激の強いものを食べることによって血流がよくなり発汗が促されると一般的には言われています。

 

 

こうして血流がよくなった結果汗をかきやすくなるというのは健康的ではありますが、汗の量が大量であまりにも多い時には脱水症状を引き起こすことも考えられますし、普段の食生活に支障が出る場合もありますので治療を受けないといけないケースもあります。

 

 

酸っぱいものを食べることで汗をかくこと方にとって汗が出る原因となるものを食べなければいいのかもしれませんが、どうしても体は酸味を欲しますし摂取することは健康にもいいので食べないという選択肢をしてはいけません。

 

 

そのため改善させていくしかありませんがその方法の一つとして、酸味のあるものに身体を慣れさせるという方法があげられます。

 

 

初めは汗を大量にかくかもしれませんが、身体に慣れさせて身体が刺激を感じないようにさせることで汗を抑える方法です。

 

 

汗をかきやすい方にとって食事という行為自体が不安な場面となり精神的に発汗を促しているケースも考えられますのでタオルやハンカチを常備して食事に不安を感じないようにすることも大切です。

 

 

ご自身で発汗作用が激しいと感じられる場合はなるべく早い段階で皮膚科に相談してみることを検討してみて下さい。

 

 

味覚性多汗症と聞くと大きな病気のように感じられるかもしれませんが基本的には病気だと考える必要はなく、病気ではないためな治療することが難しいとされています。

 

 

原因は解明されていませんが体質的なものであるのは間違いないため身体を酸っぱいものに慣れさせていくのが一番の方法だといえます。

 

 

以上のように酸っぱいものを食べると汗をかく理由を説明しましたが、食事に対する精神的な不安を取り除くようにし、タオルやハンカチを持ち歩くことによってその不安を軽くし、酸味に体が慣れ刺激物だと感じられなくなるように少しずつ取り組んでいくことで味覚性多汗症をケアしていくようにしましょう。

 
TOPへ