鼻の横の汗による化粧崩れの悩み


私は長年鼻の横の汗による化粧崩れに悩まされてきました。

 

 

夏場は1日に何度も化粧直しをしなければならないのでとても面倒です。

 

 

私の肌質は混合肌で、頬や目元やフェイスラインは乾燥しているのに額や鼻などのTゾーンは皮脂でべたついています。

 

 

化粧によるTゾーンのテカリは日常茶飯事です。

 

 

それにプラスして夏場は汗の分泌量が増えるのでとにかく汚く化粧が崩れてしまいとても困っていました。

 

 

しかし、対策に努めることで鼻の横の汗による化粧崩れの悩みから卒業することが出来ました。

 

 

私が行った対策は、メイク方法の見直しです。

 

 

メイクを工夫したことで1日中サラッとした肌をキープすることが出来るようになりました。

 

 

そこで、鼻の横の汗を抑える効果が期待できる私のメイク方法を説明します。

 

 

メイクをする前に、まずは基礎化粧品による丁寧なスキンケアでキメの整った健やかな肌に導きます。

 

 

私の場合は混合肌なので、乾燥により皮脂の分泌が盛んになってしまっている状態です。

 

 

乾燥した肌が自ら潤いを補おうとして皮脂をたくさん分泌させている状態なので、保湿ケアを徹底的に行いました。

 

 

保湿力を高めるために積極的に行ったことは、ふき取り化粧水やパックやピーリング剤などで角質ケアをしてバリア機能をアップさせる、洗顔後にブースターを使用して化粧水の浸透力をアップさせる、化粧水をハンドプレスで二度づけしたりシートマスクを使用したりして肌にしっかりと潤いを届ける、保湿効果をアップさせる効果がある美容液を使用するなどです。

 

 

 

夏場は汗をかくので肌が潤っている感じがしますが、そう感じるのは肌の表面だけで肌の奥の方は乾燥しているインナードライ状態に陥っていることがありますので、汗の分泌が盛んな夏場でもきちんと保湿ケアをすることが大切です。

 

 

保湿ケアをして肌の状態を整えたら化粧下地を馴染ませますが、化粧下地はシリコン系のものを選ぶのがよいでしょう。

 

 

汗や皮脂の分泌を抑える働きや毛穴や凹凸やざらつきやごわつきやキメの粗さを綺麗にカバーする効果があるからです。

 

 

私の場合は目元やフェイスラインは保湿効果が高い化粧下地を使用し、Tゾーンと鼻の横のみシリコン系の化粧下地を使用しています。

 

 

ファンデーションもシリコン系のものを使用すると更に化粧が崩れにくくなるのでおすすめです。

 

 

化粧下地とファンデーションの厚塗りはご法度なので、薄く均一に伸ばして馴染ませる必要があります。

 

 

 

ファンデーションは硬めのブラシやスポンジでポンポンと叩くようにして馴染ませるのがポイントです。

 

 

仕上げは皮脂を吸着する効果があるパウダーを馴染ませて完成です。
化粧崩れしない夏に強い肌になれました。

 

鼻汗を防ぐメイクルール

汗をかきやすい季節は特に鼻部分などがメイク崩れを起こしやすいため、
ある程度のルールをしっておくと便利です。

 

会社についたらもうメイク直し、、、なんてこともなくなるかも。

 

 

まずは洗顔した後に化粧水をつける場合の注意点です。

 

 

ぬるま湯などの影響によって開いた毛穴にスムーズに化粧水を染みこませる為に
叩くことなく押しこむイメージで肌をおさえましょう。
毛穴を引き締めようと叩く方もいらっしゃるかと思いますが、皮脂にとって刺激は逆効果です。

 

刺激はできるだけさけるのがべストです。

 

 

化粧水などを塗るときに手ではなくコットンなどを冷蔵庫で冷やしておいて
使うと毛穴の引き締め効果もあって良いです。

 

 

その状態で乳液などを薄く塗り、整えたあと
下地を塗りサラサラに仕上げる事が大切です。

 

このとき、あくまでサラサラにするのがポイントです。
乾燥までいってしまわないように注意しましょう。

 

 

下地を塗ってからファンデーションを塗ることで、
汗をかいても崩れにくく、鼻の毛穴などが目立ってしまうのを防いでくれます。。

 

ミネラルファンデーションでは下地が不要なので
日焼け止めを下地代わりに塗って紫外線対策を強化している方もいらっしゃいます。

 

 

大量の汗や皮脂をかいてしまったときなどは、ハンカチなどで拭くと
どれだけ優しく拭ってもメイク崩れが始まってしまいます。

 

あぶらとり紙やティッシュでそっと吸収させるのが良いでしょう。

 

 

崩れやすいともなると、ついつい厚化粧で出かけてしまいがちです。

 

ですが、厚化粧は時間とともに1番毛穴を目立たせてしまうのです。

 

 

特に鼻の毛穴が気になる場合は、出来る限り朝は薄化粧で出かけるようにし、
メイク直しで調整するようにしましょう。

 
TOPへ