汗と皮脂でドロドロ


私は長年小鼻の汗に悩まされてきました。

 

 

とくに夏場は最悪で、朝メイクをして少し動いただけで汗だくになり小鼻の化粧崩れが起こってしまいます。

 

汗と皮脂でドロドロに汚く崩れてしまうのでとても困っていました。

 

 

冬場も空調が暑かったり緊張や不安やストレスなどの精神的な作用で汗をかくと小鼻の汗による化粧崩れは起こります。

 

 

しかし、メイク方法を見直したことで私の長年の悩みが見事に解消されました。

 

 

そんな小鼻の汗を抑える私の方法を書きます。

 

 

小鼻の汗を抑えるためには、丁寧な洗顔と基礎化粧品によるスキンケアが基本となります。

 

 

洗顔は、ぬるま湯を使用して角質を傷付けないようにたっぷりと洗顔料を泡立ててやさしく泡の弾力を利用するようにして洗い上げるのがポイントです。

 

 

洗顔後はすぐに基礎化粧品で保湿ケアをして乾燥を防ぎます。

 

 

汗や皮脂の分泌量が多いと肌が潤っているという錯覚に陥りがちですが、潤っているように見えるのは肌の表面のみで肌の内側は乾燥していることがほとんどです。

 

 

乾燥により肌が自ら潤いを補おうとして皮脂を過剰に分泌させていることもありますので、汗や皮脂の分泌が盛んな夏場でもしっかりと保湿ケアをすることを心がけましょう。

 

 

保湿力をアップさせることで角質のバリア機能がアップしてターンオーバーが活発になるので水分と油分のバランスが整った健やかな肌環境に導くことが出来ます。

 

 

しっかりと保湿ケアをして肌を整えたら化粧下地を馴染ませていきます。

 

 

化粧下地選びについてですが、小鼻の汗を抑えるためには油分が少なめで汗や皮脂を吸着する効果が得られる成分が配合されているシリコン系のものがおすすめです。

 

 

毛穴やざらつきやごわつきやキメの粗さなどを瞬間的にカバーして毛穴レスな滑らかな肌になれます。

 

 

私の場合はファンデーションもシリコン系のものを使って相乗効果を狙いました。

 

 

これが大正解で、小鼻の汗の分泌量が格段に減って1日中サラッとした小鼻を保つことが出来るようになり大満足です。

 

 

化粧下地は薄く均一に馴染ませ、ファンデーションはスポンジやブラシを上手に活用して軽く叩き込むような感覚で馴染ませるのがポイントです。

 

 

最後はプレストパウダーやルースパウダーをパフでふんわりと馴染ませて仕上げます。

 

 

このメイク方法に変えてからは小鼻の汗に悩まされることがなくなりましたし、化粧崩れもしにくくなったので化粧直しの必要もなくなり生活がとても楽になりました。

 

鼻汗によって毛穴が開いてしまう原因

やっぱり毛穴が開くことが多くなるととても目立ってしまうことも多くなり、
また汚れが蓄積しやすくなってしまうことが心配ですよね?

 

 

特に
季節が変化し気温が上がり始めると鼻汗によって毛穴が開いてしまうことも多くなるため、
気になる際には毎日のケアが大切なものとなります。

 

 

まずは毛穴が開く原因をしっかり理解しつつ、対処法を自分の肌の状態に合わせて
行ってゆくことが改善への道になります。

 

毛穴が開く原因は、

  1. 毛穴からの過剰な皮脂分泌により角栓が発生
  2. 汚れなどと結びつき酸化
  3. 表皮のターンオーバーが乱れる
  4. 新しい肌ができないので毛穴周辺が硬くゴワゴワになる

 

こういった流れになります。

 

 

最近は基礎化粧品でも毛穴ケアが同時にできものも多く、
ファンデーションなどでも同時に毛穴のスキンケアができるものも増えています。

 

 

早い段階でのコマ目な対策は
黒ずみの対策としてもとても大きな効果が期待できることとなるので、
自分の肌にあった基礎化粧品を選んでしっかりと効果的に使用していくことが大切です。

 

どうしても毛穴が開いてしまういう場合には、
出来る限り、毛穴落ちしてしまっても安心なメイク品を使用するのが良いでしょう。
ミネラルファンデーションなどは代表例ですね。

 

付けたまま寝れるくらいのクオリティーのものを選ぶとより安心です。
お試しも多いのでいろいろと試してみましょう。

 

 

一旦、広がってしまった毛穴を戻すには、かなりの時間を必要とします。
その間に変なダメージを毛穴の奥に蓄積しないようにしましょう。

 

 

ニキビや吹き出物の炎症は、毛穴開きっぱの状態を作り出してしまいます。

 
TOPへ