前髪の生え際の汗は顔だけの問題じゃなかったです


私の前髪の生え際の汗を抑えるメイク方法です。

 

私は毎年夏場になると前髪の生え際の汗に悩まされるようになります。

 

 

ダラダラと額を伝って顔のほうに垂れてくるのでとても厄介です。

 

 

せっかく朝メイクをしても夏場は通勤しただけで汗だくであっという間に化粧崩れを起こしてしまうのでとても困っていました。

 

 

冬場になれば気温の上昇による体温調節のための発汗はなくなるものの、ストレスや不安や心配や興奮などの精神的な作用による発汗もあるので油断大敵です。

 

 

前髪の生え際の汗による化粧崩れの悩みから解放されるために様々な対策を行いました。

 

 

首の後ろを保冷材などで冷やして体温を下げる、健康的で規則正しい生活習慣を身につけて自律神経の乱れを整えて精神を常に穏やかな状態に保つ、ローションタイプで発汗を抑制する作用がある制汗剤を使用する、メイク方法を見直してみるなどがそれにあたります。

 

 

その中でも最も効果的だったのがメイク方法の見直しです。

 

 

ですので、前髪の生え際の汗を抑える私のメイク方法を書きます。

 

 

前髪の生え際の汗は顔だけの問題ではなく頭皮の問題でもあるので、シャンプーと洗顔は丁寧に行うことが基本となります。

 

 

シャンプーも洗顔料もしっかりと泡立ててやさしく洗い上げて汚れや汗や皮脂をしっかりと落としてすすぎを徹底することが大切です。

 

 

頭皮には育毛剤やスカルプローションなどを馴染ませてマッサージするのがおすすめです。

 

 

顔は丁寧な保湿ケアで健やかな肌環境に整えることが重要になります。

 

 

保湿ケアにより角質のバリア機能がアップすればターンオーバーが促されて肌細胞の生まれ変わりがスムーズになりメイクののりが良くなりますし、皮脂の過剰分泌を抑えることにもつながります。

 

 

それが化粧崩れ防止にも結びつきますので夏場でもしっかりと保湿ケアを行いましょう。

 

 

化粧下地は汗や皮脂による化粧崩れを防ぐ効果が高いシリコン系のものを選ぶのがおすすめです。

 

 

汗や皮脂の分泌を抑制することが出来ますし、毛穴やざらつきやごわつきやキメの粗さなどの凹凸を瞬時にカバーして陶器のように滑らかな肌に導くことが出来ます。

 

 

シリコン系の化粧下地にはシリコン系のファンデーションが相性抜群です。

 

 

化粧下地は生え際のギリギリまで馴染ませます。

 

 

額や鼻などのTゾーンは汗や皮脂の分泌が多いので丁寧に馴染ませましょう。

 

 

ファンデーションはブラシやスポンジでポンポンと軽く叩き込むように馴染ませていきます。化粧下地もファンデーションも厚塗りは化粧崩れの原因になりますので、薄く均一に伸ばすのがポイントとなります。

 

 

最後はルースパウダーでふんわりと仕上げれば完成です。

 

 

このメイク方法で私は前髪の生え際の汗による化粧崩れの悩みから解放されました。

 
TOPへ