私がいつもしている夏の顔汗を抑える方法


夏場になると気温があがり、汗が多量にでます。

 

私の場合でも汗をかきやすい体質なので、汗対策をいつも心がけています。

 

 

汗をかきっぱなしにしていると、体臭の問題や汗をだらだらとかいている状態だと周囲にいる友人や知人からちょっと嫌がられてしまうのではといつも気にしながら夏場を過ごす日々です。

 

 

私がいつもしている夏の顔汗を抑える方法を解説します。

 

 

基本的にはハンドタオルなどを外出時には常に持ち歩きます。

 

 

外出中はちょっとした行動をするだけで夏場はすぐに多量に汗をかいてしまうため、顔汗も汗がぽたぽたと垂れるほどに吹き出してしまいます。

 

 

こまめにハンドタオルで拭き取るというのも地味ではありますが、汗対策の一つにしています。

 

 

汗が多量にでて拭いても止まらない、汗をかいてしまうと都合の悪い場面などに対しての対策として、制汗剤で対策をすることもあります。

 

 

制汗剤を使うことで一時的に汗を抑えることができるため重宝しています。

 

 

また、制汗剤も顔用など専用のものがあるので顔汗の場合でも専用のものをいつも使用しています。

 

 

制汗剤は便利ですが毛穴をふさぐ原因にもなり、多用すると肌荒れの原因になると友人から聞いたことがあるため重要な場面など限定的に使用しています。

 

 

恋人とのデートなどはあまり汗をだらだらとかいて相手のイメージを下げたくないという気持ちもあるため、デート時には使用することが多いです。

 

 

また、比較的早く汗を抑えたいという場合にはウェットティッシュで顔を拭きます。

 

 

ウェットティッシュの場合には、使うことで少し肌がひんやりとした状態になり風通しのいい場所で使用すれば短時間で体温が下がり汗もすぐにおさまることがあります。

 

 

ウェットティッシュはちょっとした汚れを落とす、手を拭くなどいろいろな用途にも使えるため便利です。

 

 

汗を拭く時にも使えますし、汚れた机などを拭く時など掃除用としても使えます。

 

 

携帯用のウェットティッシュならかさばらないため、ポケットやかばんに入れて持ち運びも比較的楽にできるので、おすすめです。

 

 

後は、できるだけ気温が高い、日差しが強い時間帯に外出をするのを控えるというのも汗をかかないための対策の一つです。

 

 

夏場の昼間に外出をするとかなりの暑さです。

 

 

体力を奪われることになり、熱中症になる可能性もあります。

 

 

どうしても昼間に用事がある場合にはしかたありませんが、できるだけ朝方や夕方など少し気温が低い時間帯や日差しが強くない時間帯を狙って外出するようにしています。

 
TOPへ