夏の就活でも崩れないメイクを暴露します!


夏の就活におけるメイク崩れの悩みを抱えているという人は多いのではないでしょうか。

 

私もその一人でした。

 

しかし、きちんとした対策を講じることでその悩みを見事に解消させることができました。

 

そこで、夏の就活でも崩れない私のメイク方法を解説します。

 

 

メイク崩れを防ぐためには、基礎化粧品による丁寧なスキンケアも必要不可欠です。

 

 

肌は乾燥すると自らうるおいを補おうとして皮脂を過剰に分泌させます。

 

 

それがメイク崩れの原因になってしまうので、しっかりと保湿ケアをしてたっぷりと肌にうるおいをチャージすることを心がけました。

 

 

洗顔後は角質を健やかに保つためにピーリング剤やパックやふき取り化粧水を使用して古い角質や毛穴の汚れや角栓をしっかりとオフします。

 

 

化粧水をつける前にはブースターを使用して化粧水の浸透力をアップさせます。

 

 

このひと手間を加えることで角質層の奥の方までうるおいを行き渡らせることができました。

 

 

化粧水をたっぷりとなじませたら保湿力を高めるために美容液をプラスして最後に油分を含む乳液で仕上げます。

 

 

乳液をつけすぎるとメイク崩れにつながってしまうので、ティッシュで余分な油分をオフします。化粧下地は、汗や皮脂を吸着する成分が配合されていてサラッとした肌を保つことができるタイプのものを選びました。

 

 

ファンデーションも同様に汗や皮脂に強いタイプのものを使用して相乗効果を狙いました。

 

 

ファンデーションの厚塗りはメイク崩れの原因になってしまうので、それを避けるためにコントロールカラーやコンシーラーを使用して肌の欠点をピンポイントでカバーするようにしました。

 

 

ファンデーションは薄く均一になじませることを心がけました。

 

 

肌への密着度を高めるためにブラシとスポンジで軽く叩き込むような感覚でなじませるのがポイントです。

 

 

最後はルースパウダーで仕上げます。

 

 

ルースパウダーをなじませることでメイクのもちをアップさせることができます。

 

 

肌の乾燥を感じたらメイクの上からハンディミストでうるおいをチャージしたり、汗をかいたり皮脂が分泌されたりしたらすぐにオフするということも心がけました。

 

 

このようなメイク方法により私のメイク崩れの悩みが解消され、夏の就活を乗り越えることができました。

 

 

夏のメイク崩れを防ぐためには、基礎化粧品による丁寧な保湿ケア、化粧下地やファンデーションの選び方、ベースメイクアイテムのなじませ方が重要になるということを改めて実感することができました。

 
TOPへ