乳液はおジャマ?


夏になりますと、化粧崩れをしやすい方が増えてきます。

 

もちろん、一年を通して化粧崩れとしやすい方はいらっしゃいます。

 

気温の高い季節では
汗だけではなく、皮脂も出やすくなってしまいますので、
ファンデーションなどが浮いてきてしまったり、ヨレることになります。

 

このような場合には
乳液を使う必要はありません。

 

乾燥が気になってしまうという点で考えると就寝前の乳液をはじめとする徹底保湿は大切なんです。
でも、化粧崩れという視点で考えると、まずは乳液を減らすのが良いんです。

 

 

基本的にお肌がべとつきやすいという方においては、
オイルカットの化粧品を使うことで、べたつきをおさえたり、ニキビなどの毛穴トラブルも抑えることができます。

 

 

汗をかきやすい季節やオイリー肌専用の肌に優しい化粧品もあるので参考にしてみてください。

 

 

毛穴からのベタつきで化粧崩れをしてしまいますと、上からパウダーでパタパタしただけでは悪化してしまうこともあります。
そういった時には下地選びを大切にしてみてくださいね。

 

 

皮脂を吸収するタイプのものですと、化粧崩れしにくいというものもあります。
季節や自分の肌水分量、脂分のバランスで使い分けるのが、肌負担を減らす意味でも大切になってきます。

 

 

皮脂に馴染みやすいミネラルファンデーションなどは、成分的に優しく
化粧崩れしにくいものも多いのでトライアルセットなどを外出用に1つ持っていても良いかもしれませんね。

インナードライ化粧崩れって?


自分は脂性肌だと思っていた人が、いざ化粧品カウンターで調べてみると、
皮脂の分泌が多いのは表面だけで、肌の内側には水分が足りていない乾燥肌になっている事があります。

 

 

これはインナードライと呼ばれる状態ですが、
化粧崩れが起きやすいため、悩んでいる女性はとても多いものです。

 

 

肌が乾燥しすぎてしまうと、皮脂を分泌して、肌のうるおいを保とうとするのは正常な皮膚の働きなので、
これを防ぐためにはまず表面的な保湿をすることが大切です。

 

これと同時に内面的な水分補強を行うのがベストです。

 

 

肌の内側に水分がたっぷりあれば、皮脂の分泌が正常になりますから、
夏に起こりやすい肌のベタつきや、くすみも改善することが出来ます。

 

 

インナードライの状態を治せば、化粧崩れもなくなりますから、
夏も冬も関係なく、肌には常にたっぷりのうるおいを欠かさないようにしたいですね。

 

 

自分の肌の状態を脂性肌だと勘違いし、脂性肌用の化粧品を使うと、
改善されないことがあるので、まずはカウンターで肌の状態を調べてもらってください。

 

 

ファンデなどを選ぶ際には、皮脂などと上手く適合する事により自然になっていくタイプがオススメです。
>>コチラなど
多くのファンデでは、表面上の美しさを重視している為、インナードライにまで意識がいっていないもの少なくありません。
皮脂とのバランスを考え、水分バランスを崩さないレベルのモノを選びましょう。

 

 

肌内部の水分バランスをしっかり補うのであれば
セラミドをしっかり意識してください。

 

 

セラミドはコラーゲンなどの潤い成分をつなぎとめている成分ですので。

 

 

オールインワンタイプの保湿美容液のメリットやデメリット


朝の時短で人気の
オールインワン保湿美容液を使うメリットとデメリットを把握しておくことはこれから美容を考えるにあたってとても大切なことになります。

 

 

私も
洗顔をした後にこれだけを塗っておけば十分だと言ったオールインワンタイプの美容液が好きです。

 

 

オールインワンタイプの保湿美容液では、まずなんといっても手軽にできるところ、さらにいろいろなものを購入しなくて済む金銭的なメリットがあります。

 

 

テレビや広告などによるイメージも大きいかと思いますが、1本だけ使えば大丈夫と言ったオールインワンタイプの場合、お肌に大切な成分はすべて配合されているのではないかと思ってしまいがちです。

 

 

オールインワンだからといって保湿美容に大切な成分がすべて含まれているワケではありません。

 

 

これは化粧水そのものが特にお肌にとって重要なものでは無いといった考え方からです。

 

 

化粧水をつけた後に、保湿美容液を塗った場合と、オールインワンタイプの保湿美容液だけを塗った場合と比較してみると、お肌にとっての保湿効果はそれほど大きな違いがないのです。

 

 

つまり、保湿効果がしっかりしている美容液を選ぶことができれば、特別オールインワンタイプのものでなくても十分保湿効果を得られるのです。

 

 

しかしながら有効成分が配合されている化粧水の場合、保湿を目的とした使い方とは別の効果が現れる可能性が大きくなるため、保湿美容液とともに化粧水も一緒に使ったほうが良いでしょう。

 

 

オールインワンタイプの美容液を使うときに、美白、UVカットなど、多くの効果を歌っているものがありますが、お肌に対してのダメージを考えたり、副作用的な部分を考えるとデメリットも増えてくると考えましょう。

 

 

オールインワンタイプであっても、保湿目的なのであれば、別の効果を期待するのであればそれ専用のものを使うのが良いでしょう。

TOPへ