アイメイクだけをそのままにしておく

化粧直しした時の日焼け止めの塗り直し方についてまとめていきます。

 

日焼け止めは塗っている間のみ効果が出てくれるので、塗っても落としてしまうとちゃんと効果が出てくれなくなります。

 

肌の表面全体をカバー出来ないと中途半端に焼けてしまうので危険です。

 

特に化粧直しをする時にはどうしても落とす事になるので、必ず塗り直す必要があります。

 

 

塗り直し方で失敗すると逆に肌が荒れてしまう危険性があるので注意しましょう。

 

正しい日焼け止めの塗り直し方を説明します。

 

まず最初に化粧を落とす時に一度塗った日焼け止めを綺麗に洗い流さなければなりません。

 

紫外線カット効果がある成分は肌に対して刺激が強い物が多く、綺麗に落とさないと肌荒れが発生する可能性があります。

 

その為、外出後には自宅で綺麗に洗い流さなければなりませんが、塗り直す際にも綺麗に落とさないと、元々塗っていた所に新しく塗る事になるので厚くなってしまい、肌に負担がかかってしまいます。

 

 

均一にも塗れない事を考えると塗り残しがある状態での塗り直しは難しいので綺麗に落としましょう。

 

 

次に塗り方ですが、沢山使用するのではなく少しだけ取り出して、液体が広がるように塗り伸ばしていきましょう。

 

ちゃんとした商品なら少し塗るだけでも十分に紫外線カット効果は出てくれるので、沢山塗る必要はありません。

 

逆に塗る量が多すぎると落とし辛くなるので気をつけましょう。

 

 

また、アイメイクだけをそのままにしておく事も工夫点の一つです。

 

アイメイクをし直すのは大変なので、アイメイク以外の所を塗り直せば手間がかからなくなります。

 

 

最初から塗る量を調整していれば塗り直しをした時に不自然な見た目にならないので安心です。
工夫をして日焼け止めを塗り直して肌を守りましょう。

 

 

日焼け止めは暑い時期に肌を出すファッションを楽しむなら欠かせない商品です。

 

肌に直接塗る事で、液体に含まれている紫外線カット効果が働いて紫外線から肌を守ってくれます。

 

紫外線は肌にさえ当たらなければ肌が焼けるような事は無いので安心です。

汗をかいた時のメイク崩れの原因を知っておこう!

季節を問わず汗を少しでもかくと化粧が崩れてしまうと悩む方は多いんです。
また、オイリー肌で長時間メイクに耐えられない、という方も多いです。

 

 

この2つ違うようで実は根本的には
肌の乾燥がメイク崩れの原因になっています。

 

そんなの知ってる!なんて思った方も読んでみてください。
意外とイメージ出来ていない点もあるかもしれませんので。

 

 

 

そもそも肌が本来のうるおいを維持できていないと、頑張って皮脂を分泌します。
バリヤ機能を高めるためです。

 

 

この分泌量は通常のファンデーションなどであっては、簡単にヨレ始めます。
あっという間に化粧が落ちたり崩れたりする原因となります。

 

 

汗をかくと肌に必要な水分も一緒に蒸発してしまいます。
これは上記のような肌表面の乾燥をまねくことになり、すぐに皮脂分泌が始まります。
もちろん毛穴からの汗によっての直接的なメイク浮きも理由です。

 

ですが、汗に強くても皮脂と馴染まないファンデーションなどでは時間の問題です。

 

 

 

防止意識として
目を向けなくてはならない部分は、肌表面と真皮層などの深い部分の乾燥。
どちらか1つだけ念入りにケアしても異常な皮脂の分泌は止められません。

 

 

長く乾燥していると余分な皮脂がある状態が、当たり前の状態になります。
そして、少しでもその余分な皮脂が減ると、さらに皮脂分泌を行います。

 

こうなっては、朝メイクをバッチリでも会社につく頃にはテッカテカのグジャグジャ。

 

 

「年齢を重ねるとメイクが崩れやすくなる」というのも皮脂が関連しています。

 

年齢を重ねた肌は乾燥しやすく皮脂が多くなり、しかも部分的にまばらに分泌されたりもするので
大変なんです。

 

 

スキンケアなどによって肌がうるおった状態になると、
皮脂の分泌バランスは整うのでファンデーションなどの成分とのバランスも馴染みやすくなります。

 

 

このためメイク崩れが起きにくくなるんです。

 

 

意外なことにオイリー肌の方こそ、きちんとした保湿ケアをしてあげる事が大切だったりします。

TOPへ